順位 人別 リアル時間 リアル時間(起床) 投稿者名 達成日 動画 配信 環境 コメント、レポート等
下限 3:00:00 2:56:00
新しく作った冒険の書でロサを連れて山脈の尾根突破までの速さを競う種目です。 リアル時間計測開始は、「新しく冒険の書をつくる」を選択したときです。 バリナボチャレンジモードでは「あっ! あなたも 起きたのね!」からの計測開始も認めています。こちらは 「起床」として扱います。 どちらかをお使いください。 リアル時間計測終了は、山脈の尾根13Fの階段を降りた直後です。「今回の冒険の結果」が出る直前です。 それ以降に計測終了しても構いません。 ゲーム時間表示画面でロサ連れの証明ができないので、計測手段はリアル時間のみとなります。 リセットの使用は自由です。 通常モードを選択した場合、バリナボチャレンジモードと比べて競技終了タイムに3分追加のペナルティを 加えます。 (セーブ約8秒が11回で1分28秒。差は1分32秒と世界樹の葉) リアル時間と起床の差は4分としています。 リアル時間1:40:00(起床1:36:00)未満の記録は何件でも投稿できます。 動画がなく、配信もしていない状態で出したリアル時間1:40:00(起床1:36:00)未満の記録は 参考記録とします。
Q&A(クリックで詳細を表示)Q:なぜENDまででなく山脈の尾根までなのか A:仮に私がこの競技をするとしたらENDまでしたくないから。ENDまでしたいという意見があれば検討します。 Q:なぜロサを山脈の尾根にも連れて行かないといけないのか A:ロサを長く連れるほうが競技として特徴がつくし、モノカの杖の出番も作れるから。 ENDまですることになればまた検討しますが、山脈の尾根終了ならここは変えません。 Q:なぜロサタイムアタックだけゲームモードによるペナルティを加えるのか A:ENDまでなら暗黒の間スキップがあるため、高難度だが短縮という駆け引き要素が生まれる。一方で 山脈の尾根までならバリナボチャレンジモードは完全に不利要素でしかない。そのため3分ペナルティを 加えました。 Q:山脈の尾根突破という中途半端なデータはどうすればいいのか A:バリチャレいけにえ
記録投稿テンプレート 【種目】ロサTA 【お名前】 【リアル時間/リアル時間(起床)】(「リアル時間」と「リアル時間(起床)」のうちどちらかを削ってお使いください) 【達成日】 【動画へのURL】 【配信していたか】 【環境】 【コメント、レポート等】(ゲームモードはここにご記載ください)
企画まとめへ戻る